ちょっと変わった本棚

【ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン】  おすすめ本 紹介

私が実際に読んで印象に残った本をご紹介させて頂きます。

【ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン】

著者:ポール・スミザー/日乃詩歩子   発行所:株式会社宝島社

2007年4月30日第1刷

以前、地元であったポール・スミザーのナチュラルガーデン講習会に出席したことがあり、

ポールの気さくな人柄と、肩の力を抜いた自然な雰囲気、語り口が印象的でした。(*´▽`*)

参加者も、ポールも、みんなで一緒に協力して、わいわい言いながらも本気でガーデン造りを楽しんだ思い出があります。

改めて、この本を手に取って読んでみました。

ポールのガーデンは自然に近いような優しい印象を受けます。

ポールの好きなイネ科の植物をはじめ、日本の野草など多様な植物を使っておられます。

庭(ガーデン)をいろんな角度から考え、自分の信じるやり方で実践しています。

「どんなにありふれていて、見慣れた植物でも、植え方、組み合わせ一つで印象が変わるんだよ」

「花ばかり意識しない。花はおまけにさけばいい。花中心にしないで作ると庭はだんぜん楽しくなる」

また、疲れちゃった人、飽きちゃった人の処方箋として、ガーデニングに疲れちゃった人などへのアドバイスもあり、

ポールならではの視点かなと言うような内容もあります。

本書の後半でこんなふうに触れています。

【庭で地球環境を考える】   ナチュラルガーデンの意義

「自然な庭が心地いいと、周りの人がそれを見て真似をする。あちこちに自然を呼ぶ庭ができて行く、

こういう地道なグラスツール(草の根)の活動はとても大事だよ。

一人一人の力は小さいけれど、大きな流れになっていく。

自分のしていることはちょっとしたことだけれど、何かできたと実感できるんだよ」

  

そして、ポールの庭道具として、あまり見かけない、でも非常に使い勝手よさそうな庭道具も紹介しています。

ポール・スミザーの庭作りを感じれる一冊になっています。 ぜひ!

【スポンサーリンク】

 

こちらに記事も良く読まれています。

↓    ↓    ↓

実際に、街中の一角で、ナチュラルガーデン講習会を体験した時の話 (*´▽`*)

 

-ちょっと変わった本棚
-, , , , , ,

© 2023 らくにわ Powered by AFFINGER5