ちょっと変わった本棚

【野の花さんぽ図鑑】 おすすめ本 紹介

私が実際に読んで印象に残った本をご紹介させて頂きます。

この前、仕事で一日中、草むしりと言う日が何日か続く時がありました。

最初はいいのですが、段々と飽きてきちゃいました・・・(*´з`)

そんなある日、家にあった本書ともって仕事に行き、休憩時間に読んでみると、

今、草むしりしている草たちが本にのっているではありませんか、

たちまち、のめり込んで読み進めているうちに、あっという間に休憩時間が終わってしまいました。

それがこの本

【野の花さんぽ図鑑】

著者:長谷川哲雄   発行所:築地書館株式会社

2009年5月1日初刷発行

まず、読もうと思ったきかっけが、今、草むしり作業中だけど、この野の花がすごくきれい、

これってなんて名前のどんな植物?との疑問から、本書を開いてみました。

載ってるかな~と読み進めて行くと、なんと載っているではありませんか!

紫の小さな花を咲かせているふわっとしたこの植物、

なるほど、「カラスノエンドウ」と言うのか~、なになに、「マメ科」黒く熟した豆果が名前の由来らしい、なるほどね~

そして葉の付け根の裏から蜜を分泌しアリをおびき寄せ、ガードマンになってもらい、外敵を防ぐ! へ~なるほどね~(*´▽`*)

3月上旬(啓蟄)に見る植物 ~ 2月上旬(立春)2月下旬(雨水)まで、1年を通して季節の移ろいに合わせ紹介されています。

印象に残ったのが、植物の絵!!!  そうです絵で紹介してあるんです。

ボタニカルアート、植物の様子が生き生きと、描かれていて、絵を楽しみながら、読み進めて行けます。

植物の良さを引き出している、アートです。

時々、ものしりコラムがあり、特徴を深堀りしていて、へー( ゚Д゚)な情報も、コメントも少しお茶目!

さらに、昆虫の内容もあり、植物と虫の関係を感じられます。

身近な植物・昆虫の名前やなどが分かると、一気に魅力が広がり、見る目や感じ方が変わりました。

今後も、この本で野の花の世界を興味深く感じてみようと思います。

それではまた。

【スポンサーリンク】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野の花さんぽ図鑑 [ 長谷川哲雄 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2021/4/11時点)

-ちょっと変わった本棚
-, , , , , ,

© 2023 らくにわ Powered by AFFINGER5