未分類

線状降水帯真っ只中! 大雨がず~と降り続いています。

どうもヨハクです。

2022年今年も各地で、極端な雨が降っています。

こちらの記事は、2021年のものですが

参考までに。

本日、2021年7月7日 七夕です。

が! 大雨となっております。しかも線状降水帯が発生して真っ只中!

予め、天気予報で梅雨前線の動きを予報してくれてかので、

イメージをしていたのですが・・・

【結論

梅雨前線+線状降水帯=恐ろしいほど雨が降ると実感しました。

瞬間的と言うよりも、総雨量が凄い、ず~と降り続いています。

決して、油断できないと感じました。

私は、庭師で外仕事の為、今日みたいな日は仕事にならない、

早じまいとなり、早めに帰宅しこのブログを書いています。

帰り、午後2時ごろでしょうかこんな状況でした。

道路に水が溢れ、水しぶき路上げて走っています。

駐車場から、家に入るだけでずぶ濡れ状態((+_+))

そうこうしていると、子供が、学校から下校して帰ってきました。

傘をさしているにもかかわらず、結構濡れて帰ってきました。

長靴を履いていったけど、車の水はねで、長靴の中も濡れてしまったようです。

なにより、こんな悪天候にもかかわらず、子供たち学生たちは、

歩きや、自転車なので、よく登下校していると頭の下がる思いがする。

大人は、快適な車移動が多く、つい歩行者の大変さを忘れがちだが、

改めて、安全運転に十分すぎるほど意識して、

ハンドルを握り、アクセルを踏んでほしい。

道はけして車だけの物ではない。

歩行者・自転車・車・その他・みんなが安全に快適に道を使えますように。

明け方から、ず~と止むことなく降り続く雨。

総雨量が凄いことになっているのが素人の私にもよくわかる。

今、市の防災無線で緊急の避難所が開設されると案内。

朝から、大雨、洪水警報が続いている。

我が家は、海抜5mくらいの低い位置にあり、近くに大きな川(一級河川)が流れている。

近年は、氾濫したことはないが、昔、防波堤が整備される前は、暴れ川だったと言い伝えられている川、

数年前、西日本豪雨の時、その川の水位が今まで見たこともないレベル達していた。

その時、家族の中でも、危機感を感じるレベルは、かなり温度差があったのを覚えている。

私の住んでいる家周辺はまず大きな川があるので、その川の水位をたびたび確認し、

状況によっては避難も考えている。

今まで、避難をしたことはないが、

今の気象現象は、今までの常識は通用しないと思い注意していきたい。

今は、リアルタイムで、色々な情報をえられる。

但し、行政の避難指示が出た、出ない、だけではなく。

危険な所に近づかない。周りの状況をよく確認する。自分の頭で良く考えて判断する(人任せにしない)

誰のせいでもありません。

自分の身は、自分でまもる。

皆様、ご安全に!

-未分類
-, , ,

© 2022 らくにわ Powered by AFFINGER5