小さな家庭菜園の記録

家庭菜園【芽キャベツ】の育て方 実際に無農薬でやってみた!

自宅にある小さな庭で家庭菜園を楽しんでいます。

家の庭に畑がある生活は、どこかゆとりがあり、作物を育てる楽しさや、喜びにもなっています。

野菜を育てるのは簡単ではありませんが、そこに面白さや、やりがいを感じました。

私の菜園は、無農薬、無化学肥料で育てると決め、せっかく家で育てるんだから「安心、安全な野菜を食べたい」

と言う思いを元に家庭菜園を楽しむことにしました。

家庭菜園の良いところは、家族で畑を共有できること、子供と楽しんだり、妻の料理の材料にもなり、

野菜や季節の話をしたり、食育や、キッチンガーデンにもなってくれています。

そんな沢山の恵みや良いことがある、「家庭菜園」

今日も気軽に楽しみます。

今回は、芽キャベツに挑戦してみます。

芽キャベツは、直径3cm~4cm位のミニサイズ キャベツのような実を沢山実らせるので、収穫が楽しみです。

芽キャベツの育て方 簡単に

① 土づくり

養分豊かな土を好む

水はけの悪い場所では、畝を高くする

② 種まき

7月頃に種をまく

育苗トレーなどに種をまき、本葉が5枚~6枚になったら畑やプランターに植付ける

③ 植付け

水はけを良くする為、畝を作って植えるのもあり。

本葉5~6枚で植付ける

株間は、30cm~40cm位(できるだけ広く取るようにする)

深植えにしない(茎が土の中に埋まらないようにする)

支柱は、茎が30cm位になってからでいい

④ 水やり

植付け後、しっかり水をやる。

⑤ 肥料

成長期と結球し始めた時に追肥する。

肥料を切らさないように、2週間に1回位の感覚で肥料をやる

※私の場合は化学肥料は使わないのでこの辺も工夫をしてみます。

⑥ 管理

結球に合わせて下葉はかき取って日当たりと風通しを良くする。

支柱は、茎が30cm位になったら倒れないように支柱を立てる。

⑦ 病気・虫

病気は、立枯病、ベト病、黒腐れ病、黒斑病が発生しやすい。

虫は、コナガ、アオムシ、ヨトウムシなどがつきやすい。

よく観察して、駆除する。

※私は無農薬栽培なので農薬や殺虫剤は使いません。

⑧ 収穫

下から順番に結球していくので、かたくしまったものから収穫していく。

1度に結球しないので、長い間収穫ができる。

私も実際に無農薬で育ててみます!

芽キャベツ 

アブラナ科 品種:子持ちカンラン

芽キャベツ英語:Brussels sprouts(ブラッセル スプラウツ)

特徴:茎が太く、葉のつけ根に出るわき芽がたくさん結球する。

冷涼な気候を好み、夏の暑さに弱く、 高温期には結球しない。

1苗 70円 

今回は、2苗で挑戦してみます。

植付け

10月9日に植付けました。

植付け後はしっかりと水をあげました。

まだ支柱は立てません。

10月30日

20日位経過

大きさは、さほどかわっていませんが、しっかり自立している印象です。

中心の葉が丸く固まってきました。

これでしばらく様子を見ます。

また、成長具合をこのページで

報告・更新します。

お楽しみに!!!

-小さな家庭菜園の記録
-, , , ,

© 2022 らくにわ Powered by AFFINGER5